diyでコーティングする理由

つみ木

目的に合わせてコーティング

床のコーティング剤で得られる効果は種類によって異なります。そのため、どういった目的で使うのか目的や用途に合わせて選びましょう。

フロアコーティングをするメリット

綺麗な状態長く続く

毎日床を掃除しても、徐々に傷や汚れが付着してしまい気がつくと床の輝きが失われているというケースがあります。しかし、フロアコーティングをすることで床を傷や汚れから守ることができるため、なるべく床の輝きを維持したいという人は試してみましょう。

掃除が楽になる

フロアコーティングをすることで、床に汚れが付着しにくくなります。そのため、食べ物を床にこぼしてしまっても、ペットが床を汚してしまっても簡単に掃除をすることができるのです。

転びにくい

フロアコーティングをすると、床が綺麗になるため転びやすというイメージを持たれることがあります。しかし、実際には逆にフロアコーティングをすることで転倒防止対策を取ることができるのです。滑りにくい床にすることができるため安心と言われています。

部屋の雰囲気が変わる

床に艶があると、窓から入ってくる陽の光を綺麗に反射するため部屋の雰囲気を明るくすることができます。その他にも、艶を押さえたタイプのコーティング剤を選ぶことで反射を軽減することもできるのです。

赤ちゃんにも安心

フロアコーティング剤の種類には、抗菌タイプもあるため小さな子供や赤ちゃんがいる家庭には最適です。いろんな人が歩く床は汚れやすいため、抗菌タイプで少しでも綺麗な状態を保ちましょう。

フロアコーティングとはどんなもの?

部屋

フロアコーティングをする理由

新しい家に住んでも、2~3年程度で床の劣化は始まってしまうといわれています。そのため、少しでも床の状態を維持したいという人にはフロアコーティングが最適なのです。ワックスを塗ることで床の輝きを取り戻すことはできますが、水拭きすることができないため汚れが落ちにくいというデメリットがあります。しかし、フロアコーティングなら床の輝きを維持しつつ、しっかりと床磨きをすることもできるため衛生的にも安心なのです。

手入れが簡単な床にしたい

柔軟性に優れているフロアコーティング剤は、床に対する密着度が高いといわれているため必要と言われている基本的な性能が整っています。水や薬品に強いため、汚れもつきにくく衛生面でも安心と言われています。その他にも、手入れが簡単なためコスト面にも優れています。業者に依頼をしてコーティングすることも可能ですが、取り扱っている場所が少ないため近くで探すことができなければ、diyという方法で試してみましょう。

温かみのある雰囲気にしたい

床の質感によって、部屋の雰囲気も変わってきます。そのため、部屋の雰囲気を温かみのある感じにしたいという人は、ほどよい艶感のフロアコーティング剤を選ぶようにしましょう。ほどよい艶感を床に与えることができるため、温もりを感じられる雰囲気に仕上げることができるでしょう。傷や摩擦にも強いため、子供やペットが居る家庭にも最適です。Diyでフロアコーティング剤を選ぶときは、コーティング剤の艶タイプなどを確認してみると良いでしょう。そうすることで、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

diyなら自分でもできる

フロアコーティングというと、業者に依頼をして行なう作業の一つというイメージが多いと言われています。しかし、フロアコーティングは自分でも道具を揃えて方法を調べることで個人でも挑戦することができます。フロアコーティング剤は何処で購入できるのか、どういった道具が必要なのか、どんな方法でできるのかdiyのコツをしっかりと調べて挑戦してみましょう。